ぱきら

「パキラの葉」

 

この散文詩は今回のブログの散文詩の中で1番好きな詩です。

 

相変わらず私は表現下手でうまく伝える事ができないのですが、「パキラの葉」を通して人の縁や輪廻を感じました。

 

「ゆずり葉」


新しい葉の芽生えの為に古い葉が交代する(譲る)という性質になぞらえて、後の世の代々まで福を譲るとの願いが込められているという話があるこの葉も私は好きです。

 

植物は生命力、パワーを感じていいですね♡

 

 

 

アルバムが13曲に決まったみたいですね!

ほんとに楽しみだし、まだ夢をみている感じもあります。

 

今回のアルバムは作った人はもちろん

みんな心の傷を持ちながらもそれを乗り越えて前向きに進んだ結果でのアルバムだと思うので愛おしい限りです。

 

どうか手元に届くまで温かく見守ってほしいです。